遺伝子DNAの栄養 核酸

ひとりごと

今回、縁が有りまして、この講習に
参加してと言われまして…
今回のこの講習は、まあ物売りの一貫なので
その内容については書きませんし…

写真にも写っていますので、知っている人は
知っていると思いますので

でもですよ、この講習で良いことも言ってまして
それについては私も吸収しようとココに書いておきます。
私って、こんな講習断るの割と得意だったりします(^_^;)
まあ、私の専門外の事を書いていますので、多少
おかしい事を書いていたりしますんで、その点はご容赦下さい。
連絡有れば修正します。

栄養とは

栄養とは 食べ物
人間の体は食べたもので出来ている。

機能維持をする 6大栄養素
タンパク質 糖質 脂質 食物繊維 ミネラル ビタミン
これらをバランスよく接種する。

人の体は

人の体は、37兆個の細胞から出来ている。(20歳ぐらい)

細胞は一つの受精卵から細胞分裂する。
そこから 心臓や脳、肺、内蔵、血液、骨などが形成される。

細胞の中に 核が有る 核の中に何が有る → 酸性の物質が有る
核の中に有る酸 → 核酸と言われている

核酸の成分 DNAとRNA(リボ核酸)
DNAとRNAの構造は 二重のらせん状になっている。
DNAは シトシン、グアニン
RNAは ウライル アデニン
4種類の ヌクレオシド が結合して出来ている。

DNAの役割は
体の設計図 遺伝子 32億個のうち 3%が設計図
残りは命を制御するスイッチ
病気の設計図(病気遺伝子)
病気になりやすい人 DNAで決まる

RNAの役割
実際に体を作る
タンパク質を作るのが大きな役割
60%は水
20%タンパク質 酵素 ホルモン 抗体などを作る
酵素は体が作る、
飲む酵素は腸内細胞に吸収される。悪いものではない。

なぜ病気に?

人間の細胞は古くなると死滅
1日40万個の細胞が死ぬ
20歳までは、死滅する細胞より、新しく生成される
細胞のほうが多いので、体は大きくなる。
7~8年ですべての細胞が生まれ変わる(別人になる)
記憶が残っているから 同じ人間として行きていける。
細胞分裂を活発化させるには ヌクレオシド は重要
細胞は細胞分裂で増えていく。

また、細胞は傷つきやすい。
外傷だけでは無く。人間が呼吸する、
活性酸素で細胞内の核を傷つける。
酸素を呼吸する→活性酸素は約2%

活性酸素は 病気、ウイルスを殺すのですが、
同時に 体内のDNAをも傷つける。
その他に
紫外線 皮膚を傷つける。
放射線 発ガン性物質
1日5万箇所傷つける。
通常はすぐに修復されるのだが、
傷ついたまま、細胞分裂すると、傷ついたままの状態で
分裂する。この状態のものが増えると、癌などになる。
傷ついたDANを瞬間的に修復する。DNA修復酵素

がん細胞 20万個 30万個 発生している。
1センチの大きさになるのに最短5年 長いと30年かかる。
ガンはすぐにはならない。
発生時に 免疫が少ない 不摂生だったり していなかったか?

ではどうすれば?

核酸栄養… DNA/RNAの材料→ヌクレオチド
核酸栄養成分が多い食品は、
さけ ふぐ 岩足 鰹節 のり 鶏 牛のレバー
キノコ類 納豆 きな粉
DNA・RNAのままでは腸から吸収されない

ヌクレオシドはサプリメント接種するのが一般的。
1日 1~2グラム不足

ここから、宣伝が始まるのですが…
一位は宣伝しているドリンク
でも2位以下も言ってくれました
サントリーセサミン
サメの肝油
青汁 だそうな…(^_^;)

日本人は薬がすごく好き 消費量が多い。
らしいですが、薬ばかり飲んでるのも如何なものか?
今日有りました、小林製薬の件も有りますし…

まとまりきれてませんが、まあこんな所にしておいて下さい。


いつもご覧頂きありがとうございます。
😇 コメント・フォロー大歓迎です。😇

コメント